吉原駅から眺める製紙工場

Pocket

前回の記事で岳南電車に乗り、終点の吉原でJR東海道線に乗り換える。橋上駅舎となっているJRの改札口を抜けると、こんな風景が広がっていた。

吉原は紙の町だ。岳南電車の沿線もそうだったが、大きな製紙工場がいくつかある。前方に見えるのもそのひとつだ。

工場には申し訳ないが、最初は「これは果たして正常な状態なのか!?」「この工場、やってんの!?」と思ってしまった。

もちろん「やっている」のだ。

現役の、製紙工場だ。

電車は上りも下りもさっき行ってしまって、次が来るまで15分ほど。降りてきた人は改札を出て、三々五々にどこかへ行ってしまい、通路には私しかいない。

人気(ひとけ)のない静かな駅の周辺は、使い込まれたプラントから漂う迫力に支配されていた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)