Husqvarnaが放つ白と黒の矢 — VITPILEN/SVARTPILEN

Pocket

2018年の東京モーターサイクルショーに出展されていた車両の中で、もっともカッコいいと思ったHusqvarna VITPILEN 401(ハスクバーナ・ビットピレン 401)。

「SIMPLE. PROGRESSIVE.」というコンセプトを掲げた、新しいストリートバイクです。



ネオクラシック的な雰囲気があり、私のようなおじさんは、ヤマハ・SDRにホンダ・ブロスのボリュームを与えたような……などと、つい昔あったものになぞらえようとしてしまいます。

しかし現物は、モーターサイクルの過去/現在/未来をつないだような、適度な既視感がありつつも心が華やぐというか、つまりは「ひとめぼれ」要素満点なのです。

photo_Husqvarna

VITPILEN 401は、排気量373ccの単気筒エンジンを搭載。中排気量の単気筒が好きな人にとっても気になる存在でしょう。

また、VITPILENには上位モデルも存在します。

photo_Husqvarna

693ccの単気筒エンジンを搭載する「VITPILEN 701」です。401と共通のモチーフを採用しつつも、デザインは大きく差別化されており、より力強いものとなっています。

さらに、もうひとつ。

「VITPILEN」はスウェーデン語の「VIT PILEN(白い矢)」に由来します。

もうひとつのモデルは、「SVART PILEN(黒い矢)」。

photo_Husqvarna

「SVARTPILEN 401(スヴァルトピレン)」は、VITPILEN 401をベースにスクランブラーに仕立てたもの。タイヤだけでなく、タンクカバーやシートなど細かいところまで差別化されています。

いずれの車種も、日本市場での発売が発表されています。価格は下記のとおりです。

VITPILEN 401 777,000円(税込)
VITPILEN 701 1,355,000円(税込)
SVARTPILEN 401 777,000円(税込)

リンク: Husqvarna



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)