昭和の名車・小田急ロマンスカー7000形LSEに乗る

Pocket

小田急電鉄の特急ロマンスカーのうち最古参である7000形、通称「LSE」が2018年7月10日に定期運用を退きます。その後しばらく臨時列車として使用されたのち、今年度中に引退する予定です。

1980年に登場して以来、約38年間にわたって走り続けているLSE。現在運用されている最後に残った第4編成も、運用開始からすでに35年が経っています。特急電車としては、かなり長く使われている部類です。



展望席のあるロマンスカー、そして古さを感じさせない美しいスタイルが人気の、LSE。

車内に入れば、いかにも1980年代の電車という感じがするのは、しかたのないところ。

しかし、このLSE車に乗って小さな旅を楽しめるのも、あと1ヶ月ほどなのです。




旅と鉄道 2018年増刊8月号 ありがとう 小田急ロマンスカーLSE

最新型である70000形GSEの第2編成が導入されるのに伴い、最後に残ったLSE定期運用から退くという報に触れた日、わかっていたこととはいえ少しびっくりしてしまい、勢い余って新百合ヶ丘から小田原まで乗ってきてしまいました。

引退するのが惜しいとは、思いません。そろそろ、サービスレベル的にしんどいのは事実です。でも、ひとつの時代が終わろうとしていることを実感し、過ぎた月日を思い返すと、なんともいえない感情が湧いてくるのでした。

関連記事: 小田原は短時間滞在でも実は楽しい!? – WAGTAIL

関連記事: 思い立ったら即実行!引退が近いロマンスカーLSEに乗って小田原へ – ロマンスかっ!

関連記事: LSEはお休み多し!2018年6月の展望車運用予定 – ロマンスかっ!



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)