スズキの新型ジムニー/ジムニーシエラは荷室サイズをアピールする

Pocket

ずいぶん前からそのスタイルは明らかになっていた、スズキの4代目「ジムニー」と、その普通乗用車バージョンである「ジムニーシエラ」。

photo_スズキ

本日ついに正式に発表されています。予約したという方、真剣に検討している方、従来型を乗り続けるけど正統進化を遂げた新型をうれしく思う方など、さまざまかと思います。

photo_スズキ

もちろん、ラダーフレームです。

先日、BS-TBSの「バイタルTV」枠で「ヒロシのぼっちキャンプ」という番組が放送されていて、2代目ジムニーでキャンプに出かけるヒロシさんが妙に(?)かっこよかったんですが、4代目はとくに2代目を意識しているようですね。

リンク: バイタルTV ヒロシのぼっちキャンプ

photo_スズキ

3代目も十分シンプルでしたが、この4代目はスッキリとしたデザインが気持ちいいですね。

photo_スズキ

さて、そんな新型ジムニーのWebカタログを見ている時に、先代のWebカタログとは決定的に違う点をひとつ見つけました。

荷室寸法が、しっかり書かれているのです。

スズキのWebカタログより

荷室床面長:980mm(2名乗車時)
荷室幅:1,300mm
荷室高:850mm
荷室開口部高:850mm

形状が形状ですから、新型になったからといってすごく広くなったかというと、そういうことではありません。しかし、寸法をしっかりカタログに記載することによって、見る側は「お、アレとコレも載るな!」と想像することができるので、とてもよいと思いました。

リンク: スズキ ジムニー Webカタログ

リンク: スズキ ジムニーシエラ Webカタログ



1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)