デビュー40周年を迎えたSR400が環境対策を施され復活

Pocket

ラインナップにあると落ち着く……どころの話ではなく、ヤマハのラインナップにおいてなくてはならない存在である「SR400」が、待望の復活。

photo_ヤマハ発動機



今年のモーターサイクルショーには展示がなかったので少し心配していたのですが、無事、排出ガス規制に適合し、2018年11月22日より発売されます。

photo_ヤマハ発動機

セローやトリッカーがそうであったように、このSR400も空冷エンジンのまま、O2フィードバック制御の精度を向上させ、蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターを搭載しています。

photo_ヤマハ発動機

キックスターターとデコンプレバーも以前のモデルと変わらず装備し、始動させるための儀式を要するのは、SRならではといったところ。デコンプレバーを操作して、インジケーターを確認し圧縮上死点からキックを踏み抜けば、SRは始動します。

ただ、個人的な感想を言えば「もうセル付けたほうがいいんじゃないか」と思います。キックスターターは、好きな人のために残しておけばよいものであって、キックスターターのみでることにこだわる必要はないのでは。

photo_ヤマハ発動機

SRの40周年ということで、サンバースト塗装が施された「SR400 40th Anniversary Edition」も500台限定で発表されています。

SR400:572,400円(税込)
SR400 40th Anniversary Edition:691,200円(税込)

情報源: 排出ガス規制に適合、従来の乗り味とスタイリングを継承し復活 デビュー40周年を迎えたロングセラーモデル「SR400」を発売 40th Anniversary Editionを数量限定で同日発売 – 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)