浅草地下商店街の焼きそば屋「福ちゃん」

Pocket

とても小さな頃、上野や浅草界隈に連れてこられた記憶がかすかにある。なんとなく、寒い日だったような気がする。お店がたくさんあり(たぶん仲見世だ)、路上にも出店があったりして、おもちゃのパンダが太鼓を叩いていた。そんな浅草界隈を、子供ながらに賑やかだけど騒がしいところだなと思った。

昭和50年生まれの自分からすると、一言で現せば浅草はとても昭和っぽい。そしてその昭和っぽさをダイレクトに伝えてくれるのが、地下鉄銀座線につながる古い地下街「浅草地下商店街」だ。なんでも、日本の地下街では現存最古なんだとか。

浅草には年に何度か用事があるが、ときどき立ち寄るのが、その浅草地下商店街にある焼きそば屋「福ちゃん」という店。

私が注文するのはいつも「玉子入り焼きそば」。メニューに「玉子入り焼きそば」と書いてあるからそのとおり注文すると、だいたい「焼きそば玉子ですね」と返される。なんのこだわりだろう。

焼きそばは作り置きを再度鉄板で温めているから、まぁ祭りの屋台みたいなものだが、その部類の焼きそばとしてはなかなか上等だ。要はソースが好みに合うかどうかなのかもしれないが。

この値段で、文句は言うまい。

関連記事: 浅草の古い地下街で焼きそばを食べる – CyclingEX

リンク: 福ちゃん – 浅草/焼きそば [食べログ]



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)