MacBookは12インチがいい

Pocket

2019年7月9日、Appleがノート型コンピュータのMacBook AirとMacBook Proをアップデートしました。そして、その一方で静かに姿を消したのが、12インチの「MacBook」です。

13インチRetionaディスプレイをもつMacBook Airは、事実上12インチMacBookの後継モデルとなったようです。2018年11月に13インチRetinaディスプレイのMacBook Airが登場して以降、少々キャラクターのかぶるMacBook AirとMacBookが併売されていましたが、その状態も解消されました。

そしてわかったのは(といっても個人的な思い込みですが)、Appleは12インチと13インチの薄いノート型という選択肢を用意してくれていたわけではなくて、もともとこうするつもりだった——つまり、13インチRetinaディスプレイのMacBook Airに統一するつもりだったということです。

個人的には、2016年の9月に12インチMacBookを購入して3年近く愛用し、可能であれば次も同じようなサイズのものがほしいと思っていただけに、ちょっと残念。11インチMacBook Air→12インチMacBookと、軽くて薄いものを使い続けてきたので、なおさらです。

このサイズがいいんですよ、このサイズが。

キーボードの横にスピーカーなんて要らないんです。

大きく重くなってしまうんだったら、もういっそMacBook Proでいいだろうと思う、今日この頃。

リンク: Apple

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)