エスビット ポケットストーブとダイソーのスキレットで過ごす昼下がり

Pocket

前回、河川敷でコーヒーを飲んだりサバの缶詰を温めたりして、だいたいの感じを掴んだ「エスビット ポケットストーブ」。その後、新たなアイテムを追加してふたたび河川敷へを向かいました。

今回投入したアイテムはこちら。100円ショップ「ダイソー」で売っているスキレット(鋳鉄フライパン)です。ちなみに価格は200円(税別)。

このスキレット、なんといっても200円というロープライスが魅力。「とりあえずスキレットを試してみたい」という場合にはぴったりではないかと思います。

今回も自転車で河川敷に出向き、道中のファミリーマートでウインナーを調達しました。

スキレットにオリーブオイルをひいて、エスビットの4g固形燃料ひとつ分を予熱に使ったのち、スキレットにウインナーをのせて、固形燃料ふたつ分=約10分のあいだ、ときどき箸でウインナーを転がしながら待つと、ごらんのとおり。いい感じにウインナーが色づきました。

しっかりアツアツになっていて、うまい。

このウインナーはそのままでも食べられるのですが、食べ比べた感じではやっぱり火を通したほうがおいしいですし、焦げ目がつくのを待つ時間も悪くありません。

またひとつ、楽しい遊びが増えました。帰る頃には、「もうちょっとちゃんとしたスキレットがほしい」と思うようになっているのだから不思議なものです。

ちなみにダイソーのスキレットの使用方法やお手入れについては「ダイソー スキレット」で検索するといくらでも情報が出てきますので、そちらをどうぞ。

関連記事: ゆっくり楽しもう:エスビット ポケットストーブを河川敷で試す – WAGTAIL

関連記事: 自転車で河川敷に行きポケットストーブとスキレットでウインナーを焼く – CyclingEX



Esbit(エスビット) ポケットストーブスタンダード(固形燃料4g×20個付) ES20920000



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)