爽やかマイルドパンチ!? 前橋のタイ料理屋「泰処セマクテ」

Pocket

人のいない前橋に来た。たぶん、いつもより人はいるほうだろうけど。

2018年9月末、本当は自転車のヒルクライムレースに出るはずだったが、前々日の段階でレースは台風の影響による雨の可能性が高く、前日や当日に中止となることも考えられたので、レースは不参加と決めた。ただ、ホテルのキャンセル料を80%払うくらいであれば、現地に行って気分転換でもしたほうがよかろうということで、なんとなく前橋に向かったのだ。

前橋駅は街の中心部から離れていることもあって、人が少ない。駅前近くに大型商業施設があったのだが、今は撤退してしまった。大型商業施設は古くからの商業地から客を奪い、そして撤退したから、共倒れのような状態だ。

いくら雨とはいえ土曜日の昼でこのありさま。食事をしようにも、やっている店が少ない。ただ、やっている店は混んでいた。



「泰処セマクテ」も、やっていて、そして混んでいる店のひとつ。タイ出身のオーナーが腕をふるうタイ料理専門店だ。ヒルクライムレースへの不参加を決めたにも関わらず前橋に来たのは、この店で食べたかったから。

何年振りかの再訪だが、再開発に伴い移転し、お店は広くてしゃれた感じになっていた。何より、にぎわっているのがいい。

トムヤムクンスープの麺「トムヤム麺」と、丸鶏スープの「レック麺」が代表的なメニューだけど、今回は「104(テンフォー)」を食べてみた。ベトナムのフォーとタイのトムヤム麺をアレンジした、セマクテのオリジナルメニュー。パクチーをはじめとするハーブがどっさり、そしてもやしは増量サービス中だった。

米粉の麺の食感とハーブの香りを存分に楽しむことができ、しっかりと汗もかく!?

104はプチサイズにしておいて、グリーンカレーも食べる。こちらも爽やかな辛さでやみつきになる。

なんだろうな、爽やかだしマイルドなのに、パンチが効いた感じもする。ハーブの力だろうか?

食べ終わるころには、少し行列ができていた。なかなかの人気店だ。

きっとまた来るんだろうなと思いながらお店をあとにして、ふたたび人のいない街を歩きはじめた。ヒルクライムレースは、正式に中止が発表された。

情報源: ニコニコ夫婦が営む店セマクテ移転オープン | タウンぐんま

情報源: 前橋市 タイ料理 | 泰処セマクテ

関連記事: まえばし赤城山ヒルクライムの替わりに食べたいものを食べに行く小旅行 – CyclingEX



1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)