「やさしい家系ラーメン」も悪くないんじゃないかという話

Pocket

東京都下・多摩南部の文化と神奈川内陸の文化が交わる町田という微妙な土地で育った私だから、ラーメンと聞いて思い浮かべるのは、やはり「家系ラーメン」だ。

とはいえ個人的にはあまり「家系図」のようなものには興味がなく、チェーン展開された「横濱家」とか、そして「壱系」と呼ばれる中のひとつである「大岡家」、さらには「町田家」、最近行くようになった「銀家」なんかが好きだ。

今回紹介するのは、町田家の新百合ヶ丘店と、大岡家の鶴川店。

まずは新百合の町田家から。

町田家 新百合ヶ丘店

あくまでも筆者の個人的な感想と、行ったときの「タイミング」の問題もあると思うけれど、基本的に町田家は本店で食べても新百合で食べても「味が濃くてこってり」という感じがする。もちろん嫌な感じはしないから何度も行くわけだど、もう若くないので最近は「脂少なめ」でお願いすることが多い。そして比較すると本店より新百合のほうがあっさりしているように感じるので、最近は新百合が好み。

そんな話をすると「脂少なめの家系なんて」と言われることもあるが、個人的には脂少なめで食べる、ちょっとマイルドな町田家のラーメンに新たな魅力を発見したような気になっている。友達と来ても、少しお話ししながらマイペースで食べて楽しく完食できる。もちろん、ひとりで黙々と食べてもいい。

情報源: 町田家 新百合ヶ丘店 (まちだや) – 新百合ヶ丘/ラーメン [食べログ]



そして、何年か前に小田急線鶴川駅前にできた、大岡家 鶴川店。

大岡家 鶴川店

大岡家のほかのお店で食べたことがないけれど、噂に聞いていたとおりの、クリーミーなスープが特徴。家系っぽいこってり感はあるんだけど、どぎつい感じはしない。

鶴川の大岡家で何度か食べていて気づいたのは、学生が多い街ということもあるのだけれど、若いお客さん、とくに女性が目立つということと、「薄め、脂少なめ」でオーダーする女性のお客さんが多いということ。

薄めで脂少なめなんて、それこそ「だったら家系じゃなくてもいいじゃん」と言われてしまいそう。しかし自分でも試してみると、これが案外悪くない。悪くないというか、こっちがいいかも……家系らしさ、大岡家らしさは十分に感じられつつも、より食べやすいのだから(もちろん個々人の好みはあるけれど)悪いことなんてひとつもない。

情報源: 大岡家 鶴川店 – 鶴川/ラーメン [食べログ]

物足りなければ濃いめ・脂多めで頼めばいい。

やさしい家系、私は推します!



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)