台北〜淡水サイクリングの旅

Pocket

2017年3月、台北を訪れ、市内観光や淡水までのサイクリングを楽しみました。

羽田から松山までひとっ飛び。飛行機輪行用のバッグにクロスバイクを詰めて持ち込んだ。

関連記事: 飛行機輪行の定番「オーストリッチ OS-500」 – CyclingEX

いきなり、市内の交通環境にちょっと面食らう。

市内をぷらぷらした後、「蘇杭點心店」にて晩御飯。

情報源: 鼎泰豊だけじゃない!台北で食べたい小籠包|エクスペディア

台北101にも登った。ちなみに今はApple Storeが入っているそうです。

誠品書店や系列のホテルなどが入る、松山文創園区。タバコ工場の跡地を再開発。往時の建物も残されています。

情報源: 松山文創園区 | 台北観光サイト

宿泊したホテルから5分も歩けば、夜市(と言いつつ、時間によって屋台が入れ替わり24時間やっている)。

楽しいけど、これは太る……。



2日目は、台北から淡水までのサイクリングへ出かけました。基隆河沿いのすばらしい自転車通行環境。

途中の関渡宮(關渡宮)は、媽祖廟です。

人々を素通りさせない仕組みが整っています。

基隆河から淡水河へ。川沿いの走りやすい道を進んでいきました。

そして淡水へ到着。金色海岸とも呼ばれる淡水の水辺ですが、この日はあいにくの曇り空。

趣と賑わいのある淡水老街。本当は夜に来たいところですが。

淡水から渡船で対岸の八里へ。

八里にも老街があります。

八里から淡水を眺めたところ。こちら側もとても走りやすく、快調に台北まで戻ることができました(ただし向かい風)。

3日目は、台北のシェアサイクル「YouBike」を使って市内を移動してみました。

走りやすいところと、クルマやスクーターに揉まれるところの差が極端です。



短い日程ながら食べ物も楽しみました。


CyclingEX 2018 春

台北でのサイクリングの話も収録した、CyclingEXの電子書籍版『CyclingEX 2018 春』が発売中です。オフラインでじっくり読みたい方は、ぜひどうぞ! 「Kindle Unlimited」の対象です。スマホでも読めます。

このときの台北旅行の話は、姉妹サイト「CyclingEX」にも掲載しています。

リンク: 台北 – CyclingEX

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)