Esbit POCKET STOVEを使って「トマトチキンラーメン」を作る

Pocket

100円ショップでカットトマトかホールトマトの缶詰を買おうと思ったのだが、何軒か回ってみても売られていません。昨年末は確かに100円ショップでカットトマトを買ったのですが。

何がやりたいのかというと、なんとなく「トマトのスープで麺を作ろう」と考えていたのです。

近所のスーパーに足を運んで売り場をウロウロしていると、ホールトマトの缶詰1種類だけが置かれていました。トマトの缶詰って、ときとして品薄になるように感じるのですが、気のせいでしょうか。

とりあえずホールトマトの在り処を確認してさらにスーパーの中を歩いているうちに「トマトチキンラーメンを作ろう」と思いつきました。

結局、調達した材料はこちら。

まずはおなじみ、チキンラーメンの袋麺です。

そして、トマトの缶詰では量が多くなると考え、クノール・カップスープの「トマトのポタージュ」を購入。

さらに、いなばの常温保管できるサラダチキンも購入しました。


Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付) ES21920000

材料と道具一式を携えて、自転車でお気に入りのポイントにやってきました。

JR横浜線・鴨居駅付近の鶴見川河川敷です。

GW中とあってバーベキューを楽しむ家族づれで賑わっていましたが、かといってそこらじゅうでバーベキューという感じでもなく、平和です。

小さな子供のいるグループからは十分に距離をとって、Esbit POCKET STOVE(エスビット・ポケットストーブ)をセッティング。今回は100円ショップの固形燃料を使用します。

気長にお湯を沸かし、クッカーの底に気泡ができて湯気が十分立ってきたあたりで、トマトポタージュを投入してよくかきまぜます。そして、袋の中で割っておいたチキンラーメンを投入。

さらにサラダチキンを投入し、混ぜつつ3分ほど待てばできあがりです。材料を投入していくだけですから、とっても簡単。

できあがったトマトチキンラーメンは、ポタージュのクリーミーさが活きていて、なかなかおいしかったですよ。

「アウトドアでチキンラーメン」は定番だと思いますが、カップスープひとつ加えるだけでも、かなり変化が付けられますね。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)